メンタル メンタルヘルス 義務化 ストレスチェック うつ 資格 カウンセラー カウンセリング
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルスを学ぼう!

ストレスチェック義務化に向けての準備や活動内容を。 身近な一歩から日本を元気に(^^

会話によってストレスが生まれないために知っておくこと

会話によってストレスが生まれないために知っておくこと】

部下や上司との会話でストレスを感じる時は、どんな時でしょうか。

「相談されてアドバイスをしても結局やらない。」

「ちょっとのミスで、ありえないくらい毎回怒られる。」

そんな会話がストレスになっていませんか。

それはもしかしたら、相手が無意識にターゲットとしてあなたを選んで会話しているかもしれません。

では、ターゲットにならない会話をこちらから行えばいいのですよね。

では、相手はどんなストレス会話を仕掛けているのか。何に巻き込まれているのか。

それを知ることができるのが、「ゲーム分析」です。

実は私たちは、会話の中で勝ち負けを行っています。

そのゲームにのらないこと、巻き込まれていると感じたら早めにゲームから降りることが大事です。

*会話の中で起こるストレス脱却法を知りたい方は・・コミュニケーションストレスケア研修

カウンセラー講座の内容の共通点

カウンセラー講座の内容の共通点】

カウンセラーを養成する講座は、様々なスクールが行っております。

心理カウンセラーを養成する講座の主な特徴は、傾聴、セラピースキルという「カウンセリング」が主な内容です。

カウンセリングとは、個人が相手。個人に対するアプローチの仕方を習得する、という観点です。

またカウンセラー資格はキャリアカウンセラー以外、国家資格は存在しません。

では、心理カウンセラーの位置づけは何かというと、全てのカンセラーを総称して「一般カウンセラー」となります。

要は、自分に合ったカリキュラム、内容であるかどうか。

カウンセラー講座を選ぶポイントとして、自身の実用性が内容にマッチしているかどうか、です。

職場で多いストレスは?

職場で多いストレスは?】

phm11_0212-s.jpg

働く職場で、快適な環境の元、ストレスの少ない仕事ぶりができれば、、。そう聞くことが増えてきた、真逆の「ストレスフル」環境。
その環境の中で最もストレスが高いとされる三大要因。

 


①仕事の量

②仕事の質

③人間関係


なかでも今一番職場でストレス度が高いと言われるが、③の人間関係
上司が、部下が、パワハラ、セクハラ、クレーム等。全て人が介在しているストレス。

ただどうしようもできない、とあきらめる方も多い。
でも、どうにかできるなら、したい。
自分からできる人間関係構築の仕方を知れば、多少なりとも、ストレスは変わってきます。

自分を大切にする武器、それがノウハウです。


*職場環境をより良くしたいと思う方は、こちら。職場環境改善研修 

社員のメンタルヘルス不調に気づくポイント

社員メンタルヘルス不調に気づくポイント】

52711398_480x309.jpeg

社員のメンタル不調になかなか気づけず、いつの間にか休職になったしまった。

そのように社員のメンタルヘルス不調のサインに早期に対応できなかったことへの後悔を語る上司は少なくはありません。

そして「様子がおかしい」に気づいても、その後の対応の仕方が分からない、という声も多くあります。

社員のメンタルヘルスを守るには、「技術」が必要。

その技術は、本人だけでなく、上司自身を守り、職場を守り、しいては企業も守ります。

メンタルヘルススキルを学べる講座・・メンタルヘルスケア研修はこちら。

メンタルヘルス導入による企業の効果

メンタルヘルス導入による企業の効果】

今企業がメンタルヘルス導入を考えています。リスク回避に目が向けられていますが、もう一つ大切な企業にとってメンタルヘルス導入の利点があります。

それは、生産性の向上。

社員、そして社員が構成する職場がストレスレスの状態になったらどうなるでしょう。

仕事の内容、量、人間関係。物理的では解決できない精神的なストレスへの耐久能力向上により、効率やパフォーマンス、そして話しやすい環境から団結力があり、笑顔が絶えない職場に変わる。

しいては、利益につながる企業へと変化する。

人は、仕事をしたいから、しなければならないと感じているから、働く。

働く中で、いかにストレスとうまく付き合うか。

今、人材の価値が見直されつつあるからこそ、企業は、社員にとってストレスレスな環境を提供できるかが利益へとつなぐカギとなっています。

*企業に1人、メンタルヘルス担当者を配置する

メンタルヘルスカウンセラー養成講座

 

common_ei.jpg

メンタルヘルス不調と心の病の違い

メンタルヘルス不調と心の病違い

メンタルヘルス不調と心の病は、どう違うのか。

メンタルヘルス不調とは、メンタルヘルス=心の健康が不調な状態であるということ。

身体に例えると、健康不良。その時は、ずっと風邪気味だったり、身体がだるかったり、頭が重かったりという状態になります。

心の健康不良とは、ずっと憂鬱な気持ちだったり、焦る気持ちが強かったり、気持ちが晴れない状態になります。

ただこの状態を放っておくと悪化し、心の病へと発展する可能性があります。

心の病までいかないために、メンタルヘルス不調の時にしっかりと心のケアを行うことが大切です。

メンタルヘルスケアの知識を付ける検定はこちら。

メンタルヘルスケア検定

 

dse033-s.jpg

 

 

社員にメンタルヘルス資格を取得させる企業が増加

【社員にメンタルヘルス資格を取得させる企業が増加】

メンタルヘルスの重要性が徐々に叫ばれる中、社員にメンタルヘルスの知識をつけようとメンタルヘルス資格を取得させる企業が増えてきています。

それは、実際に社内で問題があった、だけではなく、問題がある前に、という危機管理をしっかり行っていこうという現れだと思います。

「あの時やっておけばよかった」という後悔よりも、「やってたからこれくらいの被害で済んだ」という結果が、大きく企業を左右するかもしれません。

・社員にメンタルヘルスの知識を養うメンタルヘルスケア検定はこちら。

 

title.jpg