メンタル メンタルヘルス 義務化 ストレスチェック うつ 資格 カウンセラー カウンセリング

メンタルヘルスを学ぼう!

ストレスチェック義務化に向けての準備や活動内容を。 身近な一歩から日本を元気に(^^

メンタルヘルスを扱う講師の心構え

メンタルヘルスを扱う講師の心構え】

メンタルヘルス研修を行う講師として大切な心構え。

それは、多々ある研修の中でも受講生にとって「後ろ向きの研修」であるという自覚。

どういうことかと言うと、特に「聞いても聞かなくても大丈夫」な研修だということ。

メンタルヘルスは大切」と言いながらも、

「自分は大丈夫」「メンタルヘルスは必要ない」

当事者ではないから、自身に関わることとしての意識が低い。

大切なのは、まず聞き耳を持ってもらうこと。

そのためには、聞かせるテクニックがとても重要となります。

ではどの様なテクニックがあるのか。

メンタルヘルス講師のテクニックが分かる、メンタルヘルスケア講師養成講座は、こちら。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html 

コミュニケーションと傾聴との関係

コミュニケーション傾聴との関係】

コミュニケーションの中で行う傾聴とは、相談対応とは大きく異なります。

共通するのは、相手がいるということ。

まず相談対応の傾聴は、必ず目的があるということ。

何のために聴くのか。「~のため」があります。例えば相手の相談に的確に「答える」ことが目的です。

ではコミュニケーションの中で行う傾聴とは。

これは相手の言葉というボールをキャッチして、投げ返すために行います。

ようは、「続ける」ことが目的です。

ボールを投げてこられてもキャッチできない。または、こちらから投げてばかりではキャッチボールは成立しません。

分かりやすく言えばボールをキャッチする行為が、傾聴となります。

しっかりとキャッチする傾聴を行うからこそ、相手が求めている場所へ投げ返す事ができるのです。

コミュニケーションが苦手。

それはもしかしたらキャッチする力を高めることによって解消するかもしれません。

コミュニケーション能力を高める傾聴トレーニング研修は、こちら。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html 

メンタルヘルス対策を行う時期

メンタルヘルス対策を行う時期】

メンタルヘルス問題による企業の体質がとりだたされる昨今、様々な分野でメンタルヘルスの必要性が唱えられています。

ただいつから、また何から取り組めばよいのか分からないので、先延ばしをしている企業が多いのも現状です。

メンタルヘルス対策を取り組む時期については、今すぐです。

日本メンタルヘルスケアサポート協会への多くの相談は、問題が起こった後に「どうすれば」という内容のものが多い。

それまでは「大丈夫」という考え方が根付いています。

メンタルヘルス問題は起こさないに越したことはありません。

だからこそ、今、なのです。

では何から行うのか。

まずは、メンタルヘルス担当者育成と相談窓口の設置。

担当者がはっきりすることで進めやすくなります。またメンタルヘルス担当者は人事の方が多い。

できれば相談窓口は、部外者をお勧めします。

メンタルヘルス担当者を育成するメンタルヘルスカウンセラ―養成講座は、こちら。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html 

メンタルヘルス対策を行う時期

メンタルヘルス対策を行う時期】

メンタルヘルス問題による企業の体質がとりだたされる昨今、様々な分野でメンタルヘルスの必要性が唱えられています。

ただいつから、また何から取り組めばよいのか分からないので、先延ばしをしている企業が多いのも現状です。

メンタルヘルス対策を取り組む時期については、今すぐです。

日本メンタルヘルスケアサポート協会への多くの相談は、問題が起こった後に「どうすれば」という内容のものが多い。

それまでは「大丈夫」という考え方が根付いています。

メンタルヘルス問題は起こさないに越したことはありません。

だからこそ、今、なのです。

では何から行うのか。

まずは、メンタルヘルス担当者育成と相談窓口の設置。

担当者がはっきりすることで進めやすくなります。またメンタルヘルス担当者は人事の方が多い。

できれば相談窓口は、部外者をお勧めします。

メンタルヘルス担当者を育成するメンタルヘルスカウンセラ―養成講座は、こちら。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html 

解釈というメンタルヘルスケア

解釈というメンタルヘルスケア

解釈とは、その人が物体や雰囲気に持つイメージのこと。

実はこの解釈が、大きくメンタルヘルスに影響するのです。

例えば、雨。

雨に顔があるとしたら、

パッとしたインスピレーションでどんな顔をイメージしますか?
一言に顔と言っても、人によって顔は違う。
今日の雨、さて次の考え方はどうでしょう?

顔には人それぞれ様々なイメージがあります。

笑顔
明るい顔
困った顔
怒りの顔
やつれた顔
平気な顔
悲しい顔
泣き顔 
不安顔
真顔
無表情
諦め顔
泣き顔
憂鬱な顔 などなど。

雨を顔に例えると、その表情が今のイメージ。
これは多分似たようなイメージがあるとしても、
みんな微妙な所で違う。

何故か。
イメージは全て顔「色」だから。

ようは、雨に顔なんてないんです。
その方のイメージという顔色がついて、それが「雨」になっているだけ。

「解釈」の問題。

事実にどんな色を着けるかによって、事実にも色がつく。
もっと言えばどんな色を着けたいかによって事実は変化する。

人の人生は、解釈によって生きている。

解釈が人を不幸にするし、解釈が人を幸せにする。
どんな色を着けたいか。
実は「意識したぬり絵」が、人生を左右するということなんです。

解釈の仕方をストレスケアに活用するストレスケア研修は、こちら。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html 

イラっとする機会が増えた時に行うストレスケア

イラっとする機会が増えた時に行うストレスケア

最近、理由もなくイライラする。ちょっとしたことで腹が立つ。ストレスたまってるのかな?

そう感じた時点で、すでにストレス過多状態です。イラっとするのは、自律神経のうち、敏感に反応する神経である交感神経が常に働いている状態。

この神経自体は活動するために働かなければならない、大切な神経。

ただ過剰に働きすぎると、ちょっとしたことでも敏感に反応し、イラっとしたり、腹が立ったりする。

そしてその状態が続くといつかはショートして、爆発する。

「我慢の限界」がそうです。

大切なのは、それをなだめる副交感神経を意識して働かせ、交感神経をコントロールすることが必要。

副交感神経は、リラックスしている時に働く神経。

ではどの様に働かせるか、簡単な方法は、深呼吸。

交感神経が働いている時は、呼吸が浅くて速い。

逆に副交感神経では、深くて遅い。

深呼吸は、副交感神経へとアプローチできる簡単な方法。

呼吸にだけ意識を向け、ただ単に深い呼吸を1分続ける。

それだけで交感神経をなだめることができます。

*もっとも行いやすい呼吸法がわかる、ストレスケア研修は、こちら。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html 

天気とメンタルヘルスの関係

天気メンタルヘルスの関係】

天気とメンタルヘルスは大きく関係します。鍵を握る一つは、気分。

晴れだと思うと、「今日は、快晴!さぁ、一日頑張ろう!」

太陽を見るだけでそう思えます。エネルギーが外へ向く。

雨だと、「雨かぁ。濡れるし、傘も面倒くさいし、あまり動かない方が良いなぁ。」

どんよりした空を見るだけで、エネルギーが内へ向く。

雨が続く時は、太陽が見れなければどうしたら良いのか。

一番身近なのが、画像。

夏や南国の画像、秋晴れの画像。

視覚から太陽を感じるだけでも効果があります。

待ち受けをこういう時こそ変えてみるのもいいかもしれません。

*五感からストレスケア法がわかる、ストレスケア研修は、こちら。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~

最短でカウンセラー・講師の道へ

メンタルヘルス認定資格についてはこちら↓↓
http://www.mental-healthcare.org/lecture/

メンタルヘルスに関するちょっといいプチ知識が知れます♪
日本メンタルヘルスケアサポート協会 公式アカウントライン↓↓
http://www.mental-healthcare.org/topics/2017/06/post-88.html