メンタル メンタルヘルス 義務化 ストレスチェック うつ 資格 カウンセラー カウンセリング

メンタルヘルスを学ぼう!

ストレスチェック義務化に向けての準備や活動内容を。 身近な一歩から日本を元気に(^^

【メンタルヘルスと聴くスキル】

メンタルヘルス聴くスキル】

**********************

知識ゼロからスタート!
最新のメンタルヘルス技術の資格取得が通信で可能となる
メンタルヘルスカウンセラー通信講座の詳細はこちら。

http://www.mental-healthcare.org/topics/2019/08/post-109.html **********************

聴くスキルとは、傾聴法。

ただ単に聞くから、意識して聴く
聴き方に換えるだけで
相手との距離感は大きく変わります。

聴くスキルの大きな特徴は、
「聴いている、受け止めている」という
メッセージが伝わる聴き方であるということ。

それを聴く技法を用いて伝えていくのです。

ではどのようにしてメッセージを届けるのか。

ポイントは4つ。

①うなすき・・・ゆっくりと大きく。

②相づち・・・・ええ、そうなんですね、
なるほど、とバリエーションをもって。

③視線・・・・・相手を見続けること。

④笑顔・・・・・常に笑顔で。

上記、ちょっと意識するだけで、
相手の反応が大きく変わってきます。

コツを教わりながら練習すると
早く正しく身につきますね。

傾聴トレーニング講座はこちら
http://www.mental-healthcare.org/seminar/bt

【社会貢献度の高いメンタルヘルス活動】

社会貢献度の高いメンタルヘルス活動】

**********************

知識ゼロからスタート!
最新のメンタルヘルス技術の資格取得が通信で可能となる
メンタルヘルスカウンセラー通信講座の詳細はこちら。

**********************

メンタルヘルスは、今の日本を支える一部である。
そう言っても過言ではないくらい社会貢献度の高い分野なのです。

理由は、働く人の心を支える=心の健康管理を担うからです。

心の健康管理と社会貢献とどうつながるの?

日本の活性化には、もちろんマンパワーが必要。

ただ、今でさえ少ないマンパワーが、
働く中でそういった病気でいなくなるのは、
いち会社だけ見ても大きな損失となります。

それが日本全体に広がれば、何百万人の労働者の損失となり、
しいてはマンパワー不足による事業縮小ということにもなりかねません。

その人を支えるメンタルヘルスカウンセラーは今後、
必要ではないでしょうか。

【季節とメンタルヘルス】

【季節とメンタルヘルス

**********************

知識ゼロからスタート!
最新のメンタルヘルス技術の資格取得が通信で可能となる
メンタルヘルスカウンセラー通信講座の詳細はこちら。

**********************

季節の変わり目。
実はメンタルヘルスを気を付けてほしい時期でもあります。

この季節の変わり目は、体調を崩す方も増える時期です。
同時にメンタルヘルス不調も起こりやすい時期。

それは自律神経が乱れからきます。

自律神経は、感情や睡眠など
メンタルヘルスをつかさどる神経でもあるため、
体調だけではなくメンタルヘルス不調にもつながるのです。

なんだか気分が上がらない、憂鬱感がある。

そう感じた時に、テンション上げなければと焦ると
かえって症状は辛くなります。

こんな時は、「季節の変わり目だから仕方ない」と
まずゆっくり休む時間を作るように心がけましょう。

【メンタルヘルスに良い食事のとり方】

メンタルヘルスに良い食事のとり方】

**********************

知識ゼロからスタート!
最新のメンタルヘルス技術の資格取得が通信で可能となる
メンタルヘルスカウンセラー通信講座の詳細はこちら。

**********************

メンタルヘルスと食事というのは、
関係ないように思われるかもしれませんが、実は大ありです。

何故かというと「感情」は何でできているかというと、
たんぱく質が素になっています。

タンパク質が様々分解され、
感情をつかさどるホルモンへ変化をします。

このホルモンには、アドレナリン、ノルアドレナリン
ドーパミンセロトニンメラトニンがあります。

特にセロトニンは、幸せホルモンとも言われ、幸福感をになうホルモン。

そしてメラトニンは、睡眠をつかさどるホルモン。
なぜストレスを感じると寝れなくなるのか。

それは、セロトニンがストレスにより消費されると
メラトニンの生成数が少なくなり、結果的に快眠ができないのです。

だからこそ、大切なのは
タンパク質をしっかりとることが求められるのです。

【上司の休職者への関わり方】

【上司の休職者への関わり方】

**********************

知識ゼロからスタート!
最新のメンタルヘルス技術の資格取得が通信で可能となる
メンタルヘルスカウンセラー通信講座の詳細はこちら。

**********************

上司として休職者への関わり方で
どうしたらよいのか、そこに迷う方がいます。

休職者への関わり方として、
以下の点を押さえておいてください。

休職初期は、休職に必要な手続きのみの連絡にする。

②家族や主治医との連絡網を確保する。

③職場には事前に連絡を取らないよう伝えておく。

以上がなぜポイントかというと、
休職者の治療に関わってくるからです。

休職中の治療の要は、休職

仕事のことを忘れ、
ゆったりとした気持ちで過ごせるようになった時からが
治療の開始です。

その時、安易に連絡を取ると、
また仕事のことを思い出し、治療の妨げになる可能性もあります。

休職者へは特に注意を払って頂きたいポイントです。

【職場環境改善がメンタルヘルスに有効な理由】

職場環境改善がメンタルヘルスに有効な理由】

**********************

知識ゼロからスタート!
最新のメンタルヘルス技術の資格取得が通信で可能となる
メンタルヘルスカウンセラー通信講座の詳細はこちら。

**********************

職場環境改善をすることは、
大きくメンタルヘルスに関わってきます。

職場環境改善には、主に2つの要素が含まれます。

①職場空間改善

例えば、座る席の間取り、証明、空調、臭いなど、
そこにいて快適な空間作りを行う。

②職場の人間関係改善

風通しの良い職場作りに、透明な関係性、
クリーンな関係性、安心できる関係性、頼れる関係性であるかどうか。

どちらが欠けてもストレスになります。

ストレス状態の環境では、
効率低下、士気の低下、離職率増加という負のスパイラルが生まれ、
企業に大きな損失をもたらします。

人財が快適に働ける環境つくり。
それは、成果や利益につなげるポイントです。

【メンタルヘルス不調の方に禁句があるのはなぜ?】

メンタルヘルス不調の方に禁句があるのはなぜ?】

**********************

知識ゼロからスタート!
最新のメンタルヘルス技術の資格取得が通信で可能となる
メンタルヘルスカウンセラー通信講座の詳細はこちら。


http://www.mental-healthcare.org/lecture/beginner/

9、10月はメンタルヘルス対策強化月間!
10月31日(木)23:59までにお申し込みの方限定

定価98000円(税別)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

メンタルヘルス対策強化キャンペーン価格58000円(税別)!

**********************

メンタルヘルス不調者に対し、
言ってはいけない禁句があるというのは、
どこかで聞いたことがあるかもしれません。

つい言ってしまいそうになる以下禁句の一部です。

・がんばってね・・・認められていない、もっと頑張らなければとなり、焦りをうむ

・そんなに頑張らなくてもいいよ・・・頑張っていないように見えている、見捨てられたとなる。

・最近調子よくないようだけど、大丈夫?・・・そういられていると思えば、つい大丈夫といってしまう。

・元気?・・・大丈夫と同様

以上、メンタルヘルス不調者への禁句と理由です。

メンタルヘルス不調者への具体的関わり方を学べる

メンタルヘルスカウンセラー通信講座はこちら↓

http://www.mental-healthcare.org/lecture/beginner/