メンタル メンタルヘルス 義務化 ストレスチェック うつ 資格 カウンセラー カウンセリング
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メンタルヘルスを学ぼう!

ストレスチェック義務化に向けての準備や活動内容を。 身近な一歩から日本を元気に(^^

社員へのカウンセリング(専門家)の勧め方

職場の管理職の方々からよく相談されるのは、

うつ病の兆しがあるのだが、どういう風にカウンセリングを勧めればよいのですか?」

「部下をカウンセリングに行かせる方法ってあるのですか?」 という質問です。

部下は、自分が病気だという意識がない人もいますし、その兆候があっても会社にばれたくない、降格されるのでは、という不安がつきまとっています。

まず①個別に話をすること。「最近元気ないようだね。今日午後時間とるから一度話さないか。」と誘う。

メンタルヘルス不全の疑いがみられたら、「少し過労がたまっているのかもしれないね。すっきりしに、専門家へ相談してみてはどうだろう?」 うつ病など、病名は出さない。

③どうしても反抗したら、業務命令でもよい。「仕事として支障が出ているので、一度行ってみてください。」

④そして秘守義務より、内容は会社は聞かない、問い詰めないことも伝えてください。

メンタルヘルス検定

日本メンタルヘルスケアサポート協会